FC2ブログ

~ヘッドライン~

    
    
           

1:2015/09/02(水)22:15:00 ID:
中国人民銀は2015年末までに元買い支えを中止へ-外貨準備減少で (1)

(ブルームバーグ):中国人民銀行(中央銀行)は12月初旬までには、
人民元の買い支えをやめ相場下落を容認せざるを得なくなるだろうと、
ラボバンク・グループが指摘した。外貨準備の動向に基づき予想した。

ラボバンクの香港在勤の金融市場調査責任者、マイケル・エバリー氏は
1日のリポートで、中国は資金不足に陥ることを避けるため少なくとも
2兆7000億ドル(約324兆円)の外貨準備を維持しなければならないと指摘。
半年分の輸入のために1兆ドル、外貨建て債務の返済・利払いのために
1兆7000億ドルが必要だと説明した。ブルームバーグが8月に実施した調査では、
人民元の買い支えなどによって、外貨準備は年末まで1カ月に400億ドルの
ペースで減少するとの見通しが示された。

エバリー氏は「外貨準備は8月の最後の数週間で既に2000億ドル減少している
可能性もある」と指摘。元がドルに対し年末までに1ドル=7元と、
現在の6.4元前後から下落すると予想していると付け加えた。
「2016年は、中国経済のファンダメンタルズ(基礎的諸条件)が改善せず
米国が金融引き締めを続ければ、7.5元あるいはそれ以上に元安になることも
考えらないことではない」という。

続き ブルームバーグ
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NU1IMX6KLVRB01.html

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 27◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1440468124/735
2:2015/09/02(水)22:17:44 ID:
またアジア通貨危機くるのかな

3:2015/09/02(水)22:25:56 ID:
行き当たりばったりの小手先対応してきたツケがそろそろ表面化してくるのか
4:2015/09/02(水)22:26:49 ID:
ブルームバーグは煽り記事好きだからねえ(笑)
まああり得るとは思うけど

チャイナは、そもそも欧米側が期待しているようには「システム維持」に労力を割く気は
最初からないと思う
5:2015/09/02(水)22:27:28 ID:
メンツ砲弾切れ宣言w
6:2015/09/02(水)22:44:38 ID:
外貨が足らないのかよ
7:2015/09/02(水)22:47:34 ID:
もうやめてくれよ 道連れにする気かよ
8:2015/09/02(水)22:48:12 ID:
この数ヶ月でガタッときたからな、案外脆い
9:2015/09/02(水)22:50:06 ID:
年末までもつとは思えない
10:2015/09/02(水)22:50:54 ID:
中国共産党王朝(1949-2015)
11:2015/09/02(水)22:53:58 ID:
旧ルーブルの二の舞w
12:2015/09/02(水)22:55:06 ID:
>>1
最後の行、れが抜けてる。なんの前触れかはわからない。

>考えらないことではない」という。
13:2015/09/02(水)23:16:44 ID:
>外貨建て債務の返済・利払いのために1兆7000億ドルが必要

w、日中韓首脳会議、AIIBがダメになって、中韓はこれが目的になりそうだな w
14:2015/09/02(水)23:16:50 ID:
経常収支赤字なの?にわかには信じられない。
15:2015/09/02(水)23:33:16 ID:
お疲れさんでした
16:2015/09/02(水)23:38:35 ID:
AIIBなんかに参加して出資してたらどうなっていたことか。
考えるとぞっとするな。安倍政権でほんとよかった。
17:2015/09/02(水)23:41:42 ID:
人民元の買い支えは中国の仕事じゃない
他国が買い支えるべき

それが「中国人に最も尊ばれるお互い様の精神」だと思う
18:2015/09/02(水)23:53:16 ID:
そんな気がしてた
中国の不景気が他国に波及したら嫌だなあ
世界がきな臭くなる
19:2015/09/03(木)06:43:19 ID:
贅沢を覚えた中国人に、バブルの弾けた生活は耐えられんやろ
戦争くるでぇ
20:2015/09/03(木)06:51:02 ID:
もう~、終わりだよ~、君が~、小さく見える~♪


引用元:
スポンサーサイト



2015/09/03 12:13 | 東亜情報COMMENT(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ブログトップ | 

ページトップ

アクセスランキング