FC2ブログ

~ヘッドライン~

    
    
           

1:2015/08/10(月)09:30:13 ID:
 「平和を願う多くの人々が積み上げてきた核廃絶の運動、思いを根底から覆そうとするもので、許すことはできません」

 原爆投下から70年、9日の長崎平和祈念式典で、「平和への誓い」を述べた被爆者代表の谷口稜曄(すみてる)さん(86)は、
参院で審議中の新たな安全保障関連法案に強く異議を唱えた。

 広島、長崎の平和式典に参列した安倍首相に、被爆地の視線は厳しかった。被爆者団体はそろって安保法案の撤回を要求したが、首相は拒んだ。
 被爆地、被爆者と、被爆国のリーダーの間に深い溝が横たわる。70年の悲しい現状だ。このままで、日本が世界の核廃絶をリードできるだろうか。

 安倍首相は「(法案成立で)日米同盟が完全に機能することを発信し、紛争を未然に防ぐ」と答え、理解を求めた。

 中国の軍事力は増大し、海洋進出の動きも活発だ。北朝鮮は核・ミサイル開発を続ける。
 安保法制で日米同盟の抑止力を高め、日本が攻撃される危険性を減らす、というのが政権側の説明だ。

 だが、被爆者は、抑止力にこだわる安倍首相の姿勢自体に懸念を抱く。
「こっちが武力で押さえつけようとすれば、相手は核で対抗しようとするんじゃないか」と吉岡さんは言う。
 
朝日新聞の被爆者アンケートでは、日本が戦争の当事者になる可能性について、「ある」と回答した被爆者が3割いた。
 軍事偏重の考え方が周辺国との緊張を高め、この国を再び戦争に巻き込むのではないか。被爆者が口にする不安は、多くの国民が共有するものだ。

日米同盟の根幹は、米国の核兵器で他国からの攻撃を防ごうとする「拡大抑止」の考えだ。いわゆる「核の傘」である。
 安倍政権は、核の傘に依存する姿勢をみじんも変えない。13年末の新防衛大綱は「核抑止力を中心とする米国の拡大抑止は不可欠」とした。
今春改定された日米防衛協力のための指針(ガイドライン)にも「米国は核戦力を含め、拡大抑止を日本に提供する」と明記された。

 オバマ米大統領は、安全保障政策上の核兵器の役割を縮小しようとしてきた。核の脅しで安全を保とうとする抑止論をとる限り、大胆な核軍縮は望めないからだ。
10年の核戦略見直し(NPR)では、「核兵器の唯一の目的を、米国と同盟国への核攻撃の抑止に限定する」との目標を掲げた。
核攻撃を受けない限り、核を使わない「先制不使用」政策が視野にある。
 ただ、実現に向けた大きな壁が、中国、北朝鮮への対抗上、核攻撃の選択肢を排除したくない日本であるというのが、多くの専門家の見方だ。

 松井一実広島市長は今年の平和宣言で「対話を重ねて得られる信頼を基礎に、武力に依存しない安全保障の仕組み」をつくろう、と世界に呼びかけた。
対話を通じた信頼醸成。それは今の安倍政権に最も欠けているものといっていい。

 田上富久長崎市長は平和宣言で「北東アジア非核兵器地帯を設け、核の傘から非核の傘への転換を」と日本政府に求めた。
南北朝鮮と日本で核兵器の製造や保有を禁じ、核保有国の米国、ロシア、中国には、この地域への核攻撃や威嚇をしないと約束させる構想だ。
 中南米、南太平洋、東南アジア、アフリカ、中央アジアの5地域ではすでに非核兵器地帯条約が発効している。

 長崎大核兵器廃絶研究センターは今年春、北東アジア非核兵器地帯実現への道筋を提言にまとめた。
北朝鮮をめぐる6者協議を再開し、包括的な協定締結を目指すべきだとする。
 被爆国であり、非核三原則を持つ日本がまず、各国に協議を呼びかけるべきではないか。

 冷戦期に生まれた核抑止論が、今も北東アジアで幅をきかせている。この地域が非核兵器地帯になるなら、「核兵器のない世界」は確かに近づく。
それこそが、被爆者の悲願にこたえる道である。

http://www.asahi.com/paper/editorial.html
2:2015/08/10(月)09:35:12 ID:
    _
   /~ヽ
  (。・-・) 
   ゚し-J゚
君は警察がなければ犯罪は起きないというつもりなのか?
3:2015/08/10(月)10:14:26 ID:
>実現に向けた大きな壁が、中国、北朝鮮への対抗上、核攻撃の選択肢を排除したくない日本であるというのが、多くの専門家の見方だ。

日本すごーい

>冷戦期に生まれた核抑止論が、今も北東アジアで幅をきかせている。

38度線から東シナ海、台湾海峡から南シナ海までの
冷戦第二戦線は今も健在なんだから当然だろ!(第一戦線は鉄のカーテン)
4:2015/08/10(月)10:34:05 ID:

だが、ちょっと待ってほしい。

5:2015/08/10(月)10:40:11 ID:
朝日新聞は日本を弱らせ、日本人を不幸することに余念がないね
6:2015/08/10(月)10:43:57 ID:
核に武力で対抗するなというのは早計ではないか
7:2015/08/10(月)10:44:05 ID:
> 相手は核で対抗しようとするんじゃないか

じゃあこっちも相互確証破壊で核を持てばいいんじゃないですか 鼻ホジ
8:2015/08/10(月)10:46:23 ID:
核と話し合いでは、釣り合いが取れない
基地外新聞は、黙ってろシナが使うのは賛成なんだろ
9:2015/08/10(月)10:47:02 ID:
そういえば昨日のそこまで言って委員会、
櫻井よし子チームの朝日新聞解体計画、時間切れだったけど
ちゃんと放送して欲しかった
10:2015/08/10(月)10:51:13 ID:
要約:アメリカの犬をやめて中国の犬になれ

まだアメリカの方がマシだろ
11:2015/08/10(月)15:22:35 ID:
可能性の追求ギャンブルと変わらない
特に相手が国の場合はそう
核兵器持ってる国を巻き込んで非核地帯とか非現実的にも程がある
いったい日本にどんな力がると思ってるんだろうな
12:2015/08/10(月)16:14:49 ID:
汝平和を欲さば戦に備えよ

軍事力抜きの安全保障なんてどう考えても無理だっての
13:2015/08/10(月)16:27:39 ID:
相変わらず眠たい事ばっかり言ってやがる。
真面目に読んで損したわ!。
14:2015/08/10(月)16:33:22 ID:
なんで支那は自分達だけ自粛と言って核を保持してるん?
なんでWW2で戦争を煽った朝日が平和の代弁者みたいなツラしてんの?
 
 
 
 


引用元:
スポンサーサイト



2015/08/10 23:00 | 東亜情報COMMENT(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ブログトップ | 

ページトップ

アクセスランキング