FC2ブログ

~ヘッドライン~

    
    
           

1:2015/10/13(火)21:45:13 ID:
「習近平にドッグフードを喰わせろ!」。中国の国家主席を、アメリカがこれほど冷たく迎えたことはなかった。
中国の主要都市で中国人と日本人駐在員に取材し、失速する中国経済の真相に迫った。
○中国経済は発育不良
9月25日、米ホワイトハウスでオバマ大統領と米中首脳会談に臨んだ習近平主席は、
「中国経済は順調に7%成長している」と力説した。
だが9月23日に明らかになった中国の製造業の景況感を示すPMIは、47.0ポイント。
リーマンショック直後以来の低水準となった。
○中国経済の本当のところはどうなのか。本誌は今回、中国に暮らす30人にナマの声を聞いた。
「中国の景気は悪いなんてもんじゃない。以前は政府が、石橋を叩いて渡るような慎重かつ的確な経済政策を取っていたが、
いまの政府が進めているのは、石橋を叩いて割る政策だ」(南楠・食品卸会社社長)
「多くの産業が生産過剰に陥っている。そして、中国経済を牽引する投資、輸出、消費のうち、GDPに占める投資の割合が高すぎる。
これでは今後、多くの外資系企業が中国から撤退していくだろう」(孟旭光・外資系企業中国総代表)
「私は銀行員なので、普段からよく顧客の動向を見ているが、せっかく貯めた貯金を、
株式投資でパーにしてしまった人がいかに多いことか。こうした現状では中国経済は今後さらに悪化していくだろう」(張微微・銀行員)
「中国経済は、一言で言えば発育不良の状態だ。そして財産を築いた人から、海外へ移住してしまう」(趙夢雲・テレビ記者)

こうした中、9月にひっそりと、北京北東部に建つパナソニックのリチウムイオン電池工場(従業員1300人)が、
閉鎖された。日本企業研究院の陳言院長が解説する。
このパナソニックの北京工場は、1979年に鄧小平が松下幸之助と建設を決めた外資系工場第1号でした。
パナソニックはこれまで先端技術でリチウムイオン電池を生産してきましたが、
中国市場における電池の過当競争の波に揉まれ、もはや撤退するしかなくなったのです」
○20年いて、こんなのは初めて
パナソニックは、上海工場や山東工場なども閉鎖しており、中国事業を縮小する方向にある。
7月29日に発表した4月~6月期決算では、純利益が前年同期比56.9%アップの595億円と、
完全復活をアピールした。だがその陰に、創業者の松下幸之助が邁進した中国事業の縮小があったのである。
○陳言氏が続ける。
「シチズンは中国で二つの工場を稼働させていましたが、そのうち一つを閉鎖しました。解雇された従業員は、
1000人に上ります。ニュースにもなりませんが、中小零細の日系企業は、人件費や家賃の高騰などで、撤退が相次いでいます」
○シャープ、ダイキン、TDK、ユニクロ……と、2015年に入って次々と、中国工場の撤退もしくは一部撤退を始めた。
8月12日には、天津で大爆発事故が発生。その損失額は、730億元(約1兆3700億円)に上ると報じられた。
○4700台のトヨタ車が一瞬で鉄クズと化した
現地に進出しているトヨタの自動車4700台がペシャンコになった映像は、
日系企業にも衝撃を与えた。同じく近くに工場を持つ日系大手化粧品メーカーの幹部が語る。
「わが社もあの爆発事故で、多大な損害を被りました。事故を起こした天津瑞海国際物流公司に損害賠償請求を出しましたが、
交渉は一向に進んでいません。日本の本社ではこの事故を機に、天津工場の撤退を決断したのですが、
天津市政府が認めてくれない。中国事業は、まさに進むも地獄、退くも地獄です」
○日系企業が多い大連で日系の建設会社社長を務めるベテラン駐在員も、ため息交じりに語る。
「私は大連に20年以上住んでいますが、こんな不景気は初めてです。資金繰りが悪化して工事を途中ストップするビルや、
完成しても買い手がいない幽霊マンションが続出しているのです。
不景気のあおりを受けて、かつて1万人以上いた日本人は、もう3分の1規模です。日本の駐在員仲間と話していても、
取引先の中国企業が夜逃げした話ばかり。
全権を持つオーナーが、会社や従業員を置き捨てて、忽然と消えるのです。
大連に進出している韓国系企業も同じことをやっていますが、日系企業は律儀なので、損ばかり被っています」

◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
現代ビジネス 10月13日付け
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/45627
2:2015/10/13(火)21:51:55 ID:
進出自体が間違いだったと何故気付かないのかね
もう何言っても無駄なんだろうがね

3:2015/10/13(火)21:52:42 ID:
まるで北朝鮮!習近平の「外国人狩り」が始まった~日本人を「スパイ容疑」で逮捕、中国なら死刑もあり得る(現代ビジネス)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151013-00045750-gendaibiz-int
4:2015/10/13(火)21:56:50 ID:
良くわからんが、家賃や食糧費などの
生活物資は共産主義社会なのだから
もの余りのデフレ状態なんだから
価格統制すれば人件費は上がらないだろ?
単に10億人の博打好きが株で失敗こいてる低レベル経済だろ。
猿に株だな。
地道に働けよ中国人。

5:2015/10/13(火)21:57:38 ID:
中国に進出したオマエラの方針が間違えただけじゃん
6:2015/10/13(火)21:57:49 ID:
>>3
【現代ビジネス】まるで北朝鮮!習近平の「外国人狩り」が始まった ~日本人を「スパイ容疑」で逮捕、中国なら死刑もあり得る [H27/10/13]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1444688052/
7:2015/10/13(火)22:04:16 ID:
一般市民もでバブリーな空気に流されて株を買っちゃった人がみんな
何百万円溶かして顔が真っ青になってるらしい
まったく日本のバブル崩壊の瞬間と同じ
あの時代とそっくり過ぎて気持ち悪い
8:2015/10/13(火)22:18:50 ID:
>>7バブルしかけてる連中が一緒だからかな?
9:2015/10/13(火)22:20:24 ID:
> 大連に進出している韓国系企業も同じことをやっていますが

流石だな
10:2015/10/13(火)22:26:42 ID:
逃げ遅れた者が第2の通州事件に
進むも地獄退くも地獄だって?
なんでその生きてるクチでしゃべってるヒマがあったら逃げてこないのかね
11:2015/10/13(火)22:41:50 ID:
中国は不自然な爆発事故が頻発してるから
経済以外の分野も崩壊寸前なのかもね
12:2015/10/13(火)22:41:55 ID:
何で、仮想敵に設定してる国の企業が
金落としてくれると思えるんだろ?
13:2015/10/13(火)22:45:11 ID:
輸入が前年同月比17パーセント減だそうだね
心配だな
14:2015/10/13(火)22:47:04 ID:
これ
【経済】中国の9月の貿易総額減少 7カ月連続のマイナス 経済鈍化鮮明に[H27/10/13]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1444718399/
15:2015/10/13(火)22:53:10 ID:
ミヤネ屋で中国の負の側面を報じてた
梅沢富美男とか住田弁護士が厳しいこと言ってた
「信用できない」とか「(大学のランクは)カラクリがあるから信憑性が薄い」など

韓国と違って言いやすいのかな
にしてもハッキリ言えるようになって来ているんだな
16:2015/10/13(火)22:57:52 ID:
いくらお人よしな性格の人間でも限度が有る…。
自称四千年の国でもそんなこともわからなかったようだなw。
17:2015/10/13(火)23:07:04 ID:
地元の人間と共同経営にしないといけないから逃げてこられないとは聞いたな。
逃げるにしても、機材やら何やらは持って帰れないとも
中小企業や零細企業は、進出を持ちかけた銀行を訴えてもいいと思うよ。
18:2015/10/13(火)23:11:14 ID:

さあ、戻って戻って
19:2015/10/13(火)23:16:20 ID:
雑魚はほっとけ
トヨタ、ホンダetc...が残っていれば無問題
20:2015/10/14(水)03:27:53 ID:
「対中国包囲網」がついに完成!四面楚歌に追いこまれた習近平の「次の一手」とは?
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/45761
21:2015/10/14(水)03:59:07 ID:
戦前も、繊維業を中心に支那大陸で同じようなことが起こっている。
ドイツの支那進出も目覚ましく、今の状況と同じだ。
当時の世界は、支那人は軍事力を背景とした契約でなければ成り立たないことを嫌というほど経験したはずだ。
日本人は、歴史に学んでいない。
22:2015/10/14(水)04:05:51 ID:
今だにシナ推ししてる経団連のクズ共な
23:2015/10/14(水)04:52:18 ID:
中国は趙高みたいなもんだからな
君子危うきに近寄らず


引用元:
スポンサーサイト



2015/10/14 18:34 | 東亜情報COMMENT(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ブログトップ | 

ページトップ

アクセスランキング