FC2ブログ

~ヘッドライン~

    
    
           

1:2015/10/29(木)08:49:44 ID:
 【ワシントン=川合智之】カーター米国防長官は27日、米空軍が2020年代半ばに
投入を目指す新型長距離爆撃機「LRS―B」の開発企業として
米防衛大手ノースロップ・グラマンを選んだと発表した。
米メディアによると同省は約80~100機の調達を計画しており、
開発費を含めた事業総額は800億ドル(約9兆6千億円)規模に達する見通し。
米議会が軍事費の削減を掲げるなか、老朽化した装備を効率的に置き換え、
南シナ海で緊張が高まる中国などの脅威に対抗する。

 記者会見したカーター氏は「米の優位を保つ技術的飛躍だ」と述べ、
「今後50年の戦略的投資になる」と強調した。

続き 日経新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM28H1I_Y5A021C1FF1000/

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 31◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1445165737/395
2:2015/10/29(木)08:53:51 ID:
B-2があんな異様な形の代物だったから
その次世代ってどんな代物になるんだろうな。
3:2015/10/29(木)08:57:52 ID:
老朽化した装備を効率的に置き換え、
南シナ海で緊張が高まる中国などの脅威に対抗する。

B52「俺はまだ若い」
4:2015/10/29(木)08:58:35 ID:
雪風に出てきたバンシィみたいな高空でとび続ける超大型航空母艦で

5:2015/10/29(木)09:01:28 ID:
9兆6千億円・・・・・・?!
6:2015/10/29(木)09:02:31 ID:
>>5
安価


引用元:
スポンサーサイト



2015/10/30 06:58 | 東亜情報COMMENT(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ブログトップ | 

ページトップ

アクセスランキング